×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人間関係がつらいときにこそ読んでほしい【人間関係改善方法】つらい人間関係は改善できます。

>人間関係がつらいときにこそ読んでほしい【人間関係改善方法】つらい人間関係は改善できます。

つらい人間関係を何とかしたい。。誰もが考えることですが、私自身がアスペルガー症候群(ADHD)の発達障害で人間関係にすごく悩んでいました。苦しくて死を考えたことも何度もありました。社会人になって苦しんだ16年間の苦闘の末、自分なりに改善できた方法を書いてみました。同じ悩みを抱えているあなたに読んでほしいのです。

もう、ひとりで苦しむのは止めませんか?

 まずは、自分を客観的にみてほしいのです。

つらい人間関係を何とかしたい

あなたの悩みや愚痴はよく分かります。ただ、その前に冷静に自分を振り返って分析してもらいたいのです。なぜなら、自分や他人を責めるだけでは何も解決しないからです。
私の場合は、まさか他人と合わないのがアスペルガー症候群(ADHD)のせいだとは思わなかったです。(知ったときはかなりショックでした。しかし、ほとんどその項目が当てはまってしまったのです)

しかし、今考えるとその時に分かって対処の仕方がわかったので良かったのかも知れません。(後述しますが、対応の仕方でその後の人間関係が劇的に改善されたからです。)

そうですね、まずは、カンタンにチェックできる項目をテストしてみましょう。もしかすると当てはまるかも知れません。(当てはまる個数を数えてください)

□人間関係でクヨクヨと悩んでしまう事がよくある。

□人からKYとか空気が読めないと言われることがある。

□がんばっているのに人間関係が長続きしない。

□自分に悪気は無いのに人を怒らせてしまう事がある。

□漠然と不安感や孤独感、人との違和感がある。

□なんで自分がこんな思いをするのかと恨みに近い感情がある。

□同じ職場がなかなか長続きしない。

□ 何を勉強しても対人コミュニケーションが上手くいかない。

□ 何も誰もわかってくれないと諦めの中で苦しんでいる事がある。

□ どうしても人に緊張してしまう。

こちらで当てはまる項目数を数えたときに3つ以上にあてはまる時、アスペルガー症候群(ADHD)の疑いがあります。


ちなみにわたしは、10個中8個当てはまりました(涙
結構、わたしの周りでも多いみたいです。おとなになってから気がつく人も多いそうですね。
あなたはどうでしたか?

↑ページの先頭へ

→そもそもアスペルガー症候群(ADHD)の一番大きな特徴とは?

→アスペルガー症候群(ADHD)の特徴

→アスペルガー症候群(ADHD)の良い特徴もある

→アスペルガー症候群(ADHD)は改善できる

→人間関係がつらい・人間関係を築けない

→具体的にはどうすればいいの?

 そもそもアスペルガー症候群(ADHD)の一番大きな特徴とは?

アスペルガー症候群(ADHD)は、知的障害のない自閉症と呼ばれていますが、当然個人差はあります。しかし、多くのアスペルガー症候群(ADHD)の人たちにみられる一番大きな特徴として挙げられのは、他人とのコミュニケーションが非常に苦手であるという点です。これは、親兄弟などの身内でも同じです。

そもそもアスペルガー症候群(ADHD)の一番大きな特徴とは?

アスペルガー症候群の障害を持っている人が、他人とのコミュニケーションが苦手となる理由は、抽象的なことを理解する感性が欠如している傾向にあるためです。例えば、他人の表情などから、「悲しい」「怒っている」「嬉しい」などの感情を察することが苦手なのです。

このように相手を傷つけるようなことを言ってしまっても、それに気付けず相手の気分を害したままにしてしまうことも多々あります。

↑ページの先頭へ

 アスペルガー症候群(ADHD)の特徴

アスペルガー症候群(ADHD)の特徴

果たしてアスペルガー症候群(ADHD)であるかどうか…、これは専門医でなければ診断できません。ただ、専門医に診てもらう根拠が欲しいと思われる方も多いため、アスペルガー症候群の特徴を下記に紹介させていただきます。

ただし、アスペルガー症候群は、様々な特徴があり、個人差がありますから、ひとことで説明できるモノではありません。また、いずれの場合であっても、対話することによって社会に適応できるように導いていくことができます。

●他人の心が読めない

●会話が成り立ちにくい

●ごっこ遊びやものまねが苦手

●間接的な表現が理解できない

●ジェスチャーなどの非言語的なコミュニケーションができない

●だまされやすい

●年齢相応の友だちができない

●喜びや興味を他人と分かち合えない

●状況に応じて柔軟に行動できない

●特定の物事に強い関心をもつ

●物事をまとめるのが苦手

●生理整頓が苦手

●計画・系統だった準備ができない

↑ページの先頭へ

 アスペルガー症候群(ADHD)の良い特徴もある

アスペルガー症候群の人は、特定のモノに対してかなり強烈に興味をしめします。その興味を持ったモノに対しては、尋常でないほどの集中力を発揮します。そのため小学生であっても、大人たちがビックリするくらいの豊富な知識を持っていたりします。

アスペルガー症候群(ADHD)の良い特徴もある

その為、アスペルガー症候群で有名な偉人では、アインシュタイン・レナオルドダヴィンチ・エジソン・ゴッホなど歴史上輝かしい成果を挙げた名前が並んでいます。彼らは一般の人には及ばないレベルの集中力とこだわりを特定の分野で発揮するため、社会や時代が有用としている分野とアスペルガー症候群のこだわりの分野がマッチしたときには大出世する好例なのです。

そのため、アスペルガー症候群の人たちのことを天才だというイメージで捉えている人もいるくらいです。

↑ページの先頭へ

 アスペルガー症候群(ADHD)は改善できる

人との対話方法を学び、実践をすることによって社会に柔軟に適応できるようにしていくことができます。

アスペルガー症候群(ADHD)は改善できる

特に、他人とのコミュニケーションが上手くとれるようにする必要がありますので、あなたの感じていることや考えていることをひとに聞いてもらい、それを元にアドバイスを受けていけば子供でも成人でも、少しずつ対応能力を高めることができます。

たとえば、「そのとき、どんな風に感じたのか?」などを話した上で、「そんな言い方をすると、相手の人は気分を害するものなんだよ」などと、ひとつひとつ教えてもらえば、少しずつコミュニケーションの取り方もコツが掴めるようになるはずです。

その辺りのことは、経験者の話が一番参考になります。アスペルガー症候群の子供を持つ親御さんたちが、どのように子供に接して、どんな風に良い方向へと導いていたのかを紹介しているモノなどもたくさんあります。

そのような方のためにアスペルガー症候群を改善・克服した例はたくさんあります。それらの全てが万人に効果を発揮するとは言えませんが、確かに改善・克服した人たちがいるのも事実です。どれが合うのかは試してみなければ分からないのも事実ではありますが出来るところから始めれば良いのです。

それで、納得できるモノであれば是非続けてみて下さい。アスペルガー症候群の方でも、結婚して生活な生活を送っている人は大勢いますし、仕事なども含め充実した生活を送っている人も大勢います。決して諦める必要はありません。

↑ページの先頭へ

 人間関係がつらい・人間関係を築けない

アスペルガー症候群の人は、深い人間関係を築けないのが最も大きな特徴です。ADHDの人も対人関係には不器用ですが、人と親しくなりたい、人に近づきたいという欲求はもっています。しかし、人付き合いがしたくても上手くできないのがADHDです。

アスペルガー症候群の人は、人と親しくなりたいという欲求が希薄です。孤立しても平気で、子どもの頃から一人遊びが多く、誰かそばにいても一人で遊ぶのを好みます。

アスペルガー症候群(ADHD)の良い特徴もある

人と会話していても、視線をあまり合わせず、手振り、身振りの表現が乏しく、人の表情や態度、身振りなどから相手の気持ちを汲み取ったり、その場の雰囲気や空気を読んだりすることが不得手です。悪気はないのですが、まわりが困惑したり、傷つくようなことを平気で言ってしまいます。

競技やゲームをするときも、仲間と協力して楽しくプレーすることに考えがいかず、常に一番になることや、勝つことだけにこだわります。これはアスペルガー症候群に見られる典型的な症状です。

また、決まりごとやルールを柔軟に考えることができず、融通がききません。変に正義感が強く、完全主義で適度の行為をとがめ、またそれを第3者に言ったりもします。このためなかなか友達ができない場合が多いのですが、本人は一向にきにしません。どう思われようが無頓着です。

その為、結果、人間関係で上手くいかない事が多く、悩んでしまいます。悩んでいるだけならマシなのですが悪化すると、とてもツライ居場所になってしまうのです。

↑ページの先頭へ

 具体的にはどうすればいいの?

ただ、先ほども書きました通り、正しいアスペルガーの改善方法を学び実践をするだけで、私の様に大きく人間関係を改善し、明るくコミュニケーションを取ることができるようになるのです!

その方法とは、一般のコミュニケーション理論などとはまったく違います。あなたと同じアスペルガー症候群で悩んだ方が導き出した改善方法なのです。

この方法では多くのアスペルガーや発達障害の症状でお悩みだった方の、その症状を引き起こしている原因とその理由が説明されています。 それは共感能力を麻痺させ、人とのコミュニケーションを阻害している物などです。

それらを排除していただきご自身やお子さんの調子を観察していただきます。
それは主に食べ物であったり飲み物であったりもします。
ですから食事制限と脳の機能を上げていただくための作業をしていただくことになります。

その他にアスペルガー特有のこだわりの解除や対人コミュニケーションの方法などのコーチング法も含まれています。

この改善があなたを救うただひとつの人間関係改善法となるはずです。
(実践した私が言うのですからご安心して続きをお読みください)

もう、ひとりで苦しむのは止めませんか?

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

↑ページの先頭へ